昆虫亀

森功次(もりのりひで)の日記&業務報告です。

【追記あり】論文が出ました。「芸術作品のカテゴリーと作者性 :「なぜ会田誠の絵をVOCA展に出してはいけないのか」」

論文が出ました。

 

森功次(2020)「芸術作品のカテゴリーと作者性―「なぜ会田誠の絵をVOCA展に出してはいけないのか」」『人間生活文化研究』No.30

 

2015年の美学会早稲田大学)で発表したやつをブラッシュアップして論文化したものです。

 

2015年のVOCA展で、奥村雄樹さんが会田誠に絵を描いてもらって出品しようとしたところ、実行委員会側から出品を拒否された、という事件がありました。

この論文は、分析美学の議論を用いつつその事件を分析し、そこから芸術哲学に関する考察を行ってみる、というものです。

分析美学の応用チャレンジ論文とも言える。

 

 

 

 

下記から無料ダウンロード可です

http://journal.otsuma.ac.jp/2020no30/2020_457_1.pdf(pdf)

 

 

 2015年にこの事件について知って「お、ここにはなんかすごく面白い美学的パズルがあるぞー!」と気づいて、慌てて美学会に発表申し込みをしたんですが、今となってはよい思い出です。見切り発車で発表申し込みしておくのも悪くはないですね。

いえーい、これでお蔵入りしかけていた論文の救済ができたぞー。

 

 

この論文で言及した作品は奥村さんのHPにそれぞれ紹介があるので、リンクを貼っておきます。論文読む前に見とくといいかもですね。

 

《現代美術の展望はどこにある?》

http://yukiokumura.com/works/voca2015/where.html

《くうそうかいぼうがく》

http://yukiokumura.com/works/af/ws.html

《くうそうかいぼうがく》ワークショップ企画書

http://yukiokumura.com/works/af/ws/AnatomyFictionProposal.pdf

 

 

あと奥村さんが今回の事件の顛末を記した冊子はNADiffで売ってます。

奥村雄樹『なぜ会田誠の絵をVOCA展に出してはいけないのか』(2015)

http://www.nadiff-online.com/?pid=88299444

 

当時のtogetterもあります。

 

なおこの論文では、冒頭で奥村さん@oqoomを「コンセプチュアル・アーティスト」と呼んでしまってるんですが、すでに本人からその言い方には違和感がある、とツッコミが入ってます。

奥村さんは最近noteでコンセプチュアル・アートの基礎文献をいろいろ翻訳してくれてるので、そちらもオススメです。

https://note.com/conpercipient

 

追記:

松永くんが本論を読む上での非常に良い補助線をツイートしてくれてましたので、こっちにも転記しておきます。

 

 この種の読み方に慣れてるかどうかで、この論文への評価は大きく変わると思います。美術史的な読み方で読むと、何が面白いのかわからないかもしれない(じっさい発表後は、全然面白くない、という反応もいくつかもらったし)。

ウォルハイム『芸術とその対象』を読んだ。

 ウォルハイムのArt and Its Objectsの翻訳が出た。ダントー『ありふれたものの変容』に続く、松尾大先生のお仕事。分析美学の古典がこのように日本語で読めるようになることは本当にすばらしい。

 

 

 

 内容についてはすでに銭さんが良質の紹介文を書いているので、本書に興味がある人は、まずはそちらを読みましょう。

obakeweb.hatenablog.com

 

 銭さんのいうとおり、この本は現代の議論につながるいろんな話題が詰まっている。現代は議論がもっと精緻化さているし、ポイントがわかりやすいまとめもいろいろあるので、そこから見るとウォルハイムの本にはやや読みにくい箇所もいろいろあるが、当時(初版は1968年)すでにここまで多様な話題を扱いながら(しかも独仏文献にも目を配りながら)、各所で有用なargumentを出しているのはやはり偉業と言えよう。

 

 

 いくつか訳語選択で気になった所があって、少し調べたのでメモがてら示しておく。

 

1.観念説ideal theory と直観説presentational theory

 本書前半でウォルハイムは「いくつかの芸術作品は物的対象(physical object)だ」とする物的対象説を推すために、その対抗相手となるIdeal theoryとpresentational theoryを批判的に検討している。

 

 本書ではこの2つの説は、それぞれ「観念説」「直観説」と訳されているのだが、本書ではintuitionとpresentationがどちらも直観と訳されているので、原文見ない人にはこのあたりで混乱を招くかもしれない。注意が必要だ。

 

 

 観念説Ideal theoryとは、芸術作品は芸術家の内的状況ないし状態に存する、という説だ。(22節。なお、ここで本文のこの箇所では、その内的状況・状態について「それは直観ないし表現と呼ばれる」という補足説明があるのだが、ここの「直観」の原語はintuitionなので、のちに出てくる直観説presentational theoryとの対比がなおさらわかりにくくなっている。)

※ちなみに松尾先生はnotionも観念と訳すので、ここでも観念説との混同を招くかもしれない。notionは「考え方」くらいの訳でいいと思う。

 

 他方、「直観説」と訳されるpresentational theoryは、〈芸術作品がもっている性質は、われわれが直接知覚できる(あるいは直接与えられる)性質だけだ〉とする説だ*1

 このpresentationをどう訳すかは、悩むところだ。「直観」という訳語を避けるのであれば、「現象説」とかでもいい気もする。ウォルハイム自身も21節の末尾で、presentational theory を説明するときに、芸術作品を“phenomenal” or “presentational” objectとする説だ、と説明している。

 

 

 最近の論者は、この種の説を語るさいにpresentationという語を使うことはあまり無い気がする(『分析美学入門』のステッカーも使っていない。この類の説を説明するときには、intentional objectとか、object-under-a-conceptionなどという説明をしている)が、

 20世紀中頃の分析美学者たち(たとえばビアズリー)はこの種の立場を説明するさいにpresentationという語を使っていた。ビアズリーのいうpresentationは個々の観賞経験ごとに現れるものである。よって、たとえば、一つの演奏会では多数のpresentationが生まれることになる。ビアズリーは、presentational theoryを、批評実践をカオスにするといった点で批判している。presentationについてのビアズリーの考え方は、SEPのまとめが参考になる。 https://plato.stanford.edu/entries/beardsley-aesthetics/

 

 

 哲学の他の文脈でpresentationを「直観」と訳す習慣があるのかもしれない。自分はあまり知らないので、もしそういう分野があるのだったら教えてほしい。

なお、カントの『判断力批判』の英訳(Guyer & Matthews訳)では、第一序論でカントがapprehensio, apperceptio comprehensiva, exhibitio,の3つの能力を区別する所で、exhibioがpresentationと訳されていた(第一序論VII節)。邦訳では、牧野訳では「描出」、熊野訳は「呈示」という訳語になっている。

 

 

2.芸術の歴史主義について

 今回読み直してひとつ発見だったのは、ウォルハイムがすでにレヴィンソン的な歴史主義のアイデアをはっきり提示していた、という点だ(60節~63節)。レヴィンソンの79年の論文 “Defining Art Historically”も見返してみたら、しっかり注の2で元ネタがウォルハイムであると書いていた。この論文の注の12ではウォルハイムとの相違についても少し述べている。ウォルハイムは「芸術の定義」というプロジェクトには基本的に批判的なようだが、ウォルハイムとレヴィンソンの「定義」観の相違については、検討してみてもいいと思う。

 (なお、ウォルハイムの邦訳ではこの話題をあつかう60節ではidentifyの訳語がぶれていて、ちょっと読みづらくなっている。60節から62節冒頭までは「認定」と訳されているのだが、62節末尾からは「同定」という訳語に変わっている。これらは同じ語なので注意。)

 

3.デザインおよび宣伝文句について

これについてはTwitterで言うべきことはいったので、ツイート貼り付けで。

 

 

*1:ちなみにここで「性質」と訳したのはpropertyだが、松尾先生はpropertyを「属性」と訳す派。

三浦俊彦『東大の先生 超わかりやすくビジネスに効くアートを教えてください!』を読んだ

 

 読んだ。

 

 今年度は「アート思考ブームの教育的意義を美学の観点から検証する――創造性、独創性、自己啓発」という研究課題で研究費をとってるので、とりあえずいろいろアートビジネス書系の本を読んでいる。これ系の本はたいてい「アート」という言葉を無造作にふりまわす雑な議論のオンパレードなので、読むのがとてもしんどい。自己啓発書研究で有名な牧野智和さんも、一時期自己啓発書を読みまくったらしいけど、それに似た地獄観がある。

 

 以下、感想。

 

 まず良いところ。

  • イラストがかわいい
  • 色が付いてるのでカラフル
  • すぐ読める

 

 とにかくとても読みやすいデザインなので、編集者の能力はとても高いと思う。

なお中身のデザインは、この記事ですこし見ることができる。

prtimes.jp

要は、対話型アフィリエイト記事っぽいデザイン。

 

 

 話の中身としては、芸術の「脱現実」機能をやたらと推していて、しかも「アートの純度」という謎の評価軸を重視している本であった。

 なんでこんな偏った、しかも古臭い芸術観を出してきたんだろうか、と思いながら読んでたんだが、とくに論拠は出てこなかった。別に「自分はそういう立場です」というスタンスであれば止めないんだが、「芸術哲学者はこう考えるんですよ」みたいなニュアンスで話されると困る。

 あとこの本は全体的に不正確な単純化と雑な論拠づけであふれていて、その点では、よくできたアフィリエイト記事よりもたちが悪いなと思った。「しろうとにわかりやすく」が間違った方向に展開されている。

 

 

 以下にいくつか気になった主張を挙げておくので、このあたりの主張を読んで、ビビッときた人は買うといいかもしれない。(数字はページ数)

  • 「デザインは人の生活に入り込むもの→実用的」「アートは人の生活から切り離されたもの→非実用的」30
  • 「アートは基本的に「視覚」と「聴覚」だけで「触覚芸術」「嗅覚芸術」「味覚芸術」というものはないんです。なぜならアートは現実から切り離されたものだから。」64
  • 「アートの世界における「美」は、権威のある人に定義づけられている」79
  • 「モテるためにアートが生まれたというのが定説」107
  • 「創作熱心なのは男、鑑賞能力が高いのは女」112
  • 「歴史を振り返ってもアーティストは圧倒的に男性が多いんです。絵画にしても、作曲にしても、小説にしても、作者は男性ばっかり」112*1
  • アートは純度が高いほうが評価される。小説に挿絵がないのは「挿絵を入れた瞬間、アートとしての価値が下がるから」。216

 

 

まとめ

  • 美学・芸術研究者は、買っても時間とお金の無駄なので買う必要はない。
  • アートについて学びたい人は、偏った見方を得ることになるので、注意して読むべき(精確な知識を期待してはならない)。
  • 学生はこの本を典拠にレポートを書いてはいけない。(そもそもレポートにつかう本は、参考文献をきちんと示している本にしましょう)。

 

 もっとも、自分のような美学研究者はおそらくこの本の想定読者層ではないんだが、では、この本はどのあたりの読者層に勧めるべきなのか、と考えてみたがなかなか思いつかなかった。

 「アートは純粋な方が価値が高い」とか「アートは日常から逃れさせてくれる」みたいな考えが好きな人で、「東大の先生」のお墨付きが欲しい人は買ってもいいかもしれない。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%A9%E5%A8%81%E3%81%AB%E8%A8%B4%E3%81%88%E3%82%8B%E8%AB%96%E8%A8%BC

 

 

*1:このあたりの話をするときに、ノックリンなどのフェミニズム美術史にまったく触れないのは悪。