昆虫亀

森功次(もりのりひで)の日記&業務報告です。

描写の哲学研究会が開催されます。1月25日(土)@大妻女子大学

描写の哲学研究会が開催されます。

ちょっとだけ協力してます。

https://dpct.tumblr.com/2019

日時:2020年1月25日(土)13:00–最長18:00(開場12:30)

場所:大妻女子大学 千代田キャンパス 大学校舎H棟 H215

主催:松永伸司

協力:森功

後援:フィルカル

参加費:無料

※予約不要です。

※不明点などあれば松永(matsunagashinji+dpctgmail.com)までお問い合わせください。

プログラム

13:00–13:10 趣旨説明など

13:10–14:00 銭清弘「イメージを切り貼りするとなにがどうなるのか」

14:10–15:00 難波優輝「これは人間ではない:キャラクタの画像の何がわるいのか」

15:10–16:00 村山正碩「描写内容と画像内容の差:エル・グレコからアボガド6まで」

16:10–18:00 ディスカッション

※それぞれの発表は30分程度で、そのあと20分程度を質疑にあてます。

※最後のディスカッションをどうするかは当日の流れで決めますが、オーディエンスから画像に関する質問・相談を募集して、可能なら登壇者を含めた詳しい人に答えてもらうというのを考えています。

※とくに盛り上がらなければ早めの閉会もありえます。あらかじめご了承ください。

去年ネタバレWSやったところとは違う建物になります。ご注意ください。
 
あと、登壇者の一人の銭さんが「描写の哲学ビギナーズガイド」というブログを書いてます。
予習にどうぞ。
 
英語読める人は、philosophy compassの関連ページを読んでおくといいかもしれない。
 Michael Newall (2014)"Painting and Philosophy"
 Lori Watson (2010) "Pornography" 
 John Kulvicki (2006) "Pictorial Representation"

美学会のシンポジウムに登壇します。1月12日(日)成城大学。

美学会のシンポジウムに出ます。

昨年台風で中止になったやつのリベンジ企画です。

 

詳細情報はこちら。

10月12日に第70回美学会全国大会で予定されていた「委員会推薦研究発表」および「当番校企画シンポジウム」を、2020年1月12日(日)午後、成城大学において独立した催しとして開催することとなりました。

1月12日(日) 於:成城大学

 *委員会推薦枠研究発表 13:30-15:40 会場:007教室(7号館4階)
13:30~14:10 仲間裕子(立命館大学) 風景のメランコリー――思想と歴史的文脈から
14:15~14:55 室井尚横浜国立大学) 美学という呪い――美学会と芸術研究
15:00~15:40 吉岡洋(京都大学) 美学は何の役に立つのか?

 *開催校企画シンポジウム16:00~18:00 会場:007教室(7号館4階)
テーマ:「あしたはどっちだ――美学会に未来はあるか?」
コーディネーター:室井尚横浜国立大学)、木村建哉(成城大学
パネリスト:森功次(大妻女子大学)、加須屋明子(京都市立芸術大学)、吉田寛東京大学)、岡田温司京都大学
司会:木村建哉

なお、当日の御来場者には予定されていた2019年度美学会全国大会要旨集をお渡しします。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

http://www.bigakukai.jp/news/#p252

 

 

全国大会じゃなくなったので、聴講無料っぽいです。

 

 

追記:2020年1月14日

資料公開しました

https://researchmap.jp/muc3r3b0n-1833297/#_1833297

瀬戸内哲学研究会で芸術的価値に関するレクチャーをします。11月26日(広島大学)。

瀬戸内哲学研究会で芸術的価値に関するレクチャーをします。

Date: November 26, 2019
Venue: 広島大学総合科学部A棟A705号室
Program:
(1) 12:50 - 14:20: 森功次(大妻女子大学)
「芸術的価値をめぐる現代の論争:ロバート・ステッカーの議論を中心に」
(2) 14:35 - 16:05: 難波優輝(神戸大学)
「物語は何を教えてくれるのか」
Organizer
•宮園健吾(広島大学): miyazono「あっと」hiroshima-u.ac.jp

 

詳しい情報は以下のpdfをご覧ください。僕は東京からSkypeで講演する形になります。

https://drive.google.com/file/d/1_1kGGoAB9qZcjLvzp68eEQBL4NAK47Rp/view

 

今回のレクチャーを聞くにあたっては、以下の2つの文献が参考になると思います。

  • ロバート・ステッカー『分析美学入門』(森功次訳、勁草書房、2013年)第11章「芸術的価値」
  • 森功次「芸術的価値とは何か、そしてそれは必要なのか」『現代思想』45(21)(総特集:分析哲学)、2017年

事前に読める方は、読んでおくと理解が進むと思います。

 

 

 

いろいろ準備をしていると、やはりCreativityの哲学がやりたくなってきた、、、

 

【2019年12月9日追記】

資料はリサーチマップで公開しました。

https://researchmap.jp/mun8vel0b-1833297/#_1833297